ブログのファン(リピーター)を増やす具体的な方法5つ

私のブログにはファンがいない。そんな悩みを抱えている人はファンを増やすためにできることを今一度考えていきましょう。それには次のような方法があります。

1、オリジナリティーと専門性を高める

ネット上には似たようなブログが溢れかえっています。その中で読者にあなたのブログのファンになってもらうには強いオリジナリティーと専門性がないと難しいでしょう。

オリジナリティーを出すための工程はブログのテーマを決める段階から始まっています。その時点で独自の視点がないと、ほかのブログの中に埋もれてしまう可能性が高くなってしまいます。

もし、自分自身に強烈なタレント性とキャラがある場合は、自分をブランディングするのもひとつの手です。でもそうじゃない場合はテーマの切り口に独自性を出し、ニッチな分野に食い込んでいくほうが簡単です。

最近、ブログのテーマを選ぶのに迷ってしまうといった質問を受けることが多いです。特にあれもこれもやってみたい、といった人は一つに絞るのが難しかったり、逆に何もテーマが浮かばな
ブログのテーマ(ジャンル)選びはなかなか難しく、どれにしようか悩んでいると、いつまで経っても始められません。かといって適当に決めてしまうと、誰にも読まれないブログになる可能

テーマの段階でオリジナリティーを出す最も簡単な方法はカテゴリーをどんどん細分化することです。例えばまず「食べ物」をテーマにブログを作ろうと考えたとします。

しかしこのままではあまりにもテーマが漠然としすぎているので、「食べ物」を「イタリア料理」に絞ります。「イタリア料理」といっても色々あるので、さらにこれをみんなが大好きな「ピザ」に絞ります。

多くの人は、「ピザ」ぐらいまで絞れたら、「じゃあピザが大好きだから色々なレストランでピザを食べた体験をレビューしよう」といった感じで始めてしまいがちですが、全国のピザレストランを食べ歩くぐらいの覚悟がなければ、もっと掘り下げて行ったほうがいいです。

例えば、「ピザ」からさらに細分化を進め、「冷凍ピザ」、「デリバリーピザ」だけを紹介する専門ブログがあってもいいかもしれません。

あるいは「ピザのレシピ」だけをまとめた料理ブログを作るのもひとつのアイデアです。「食べ放題のピザ屋」にフォーカスするのも手ですね。

さらに場所や地域を加えてあげると、よりニッチになります。「食べ放題のピザ屋」+「東京」で「東京にある食べ放題ピザ屋まとめブログ」ができます。

値段を設定するのも、ニッチ戦略の手段です。「デリバリーピザ」+「1000円」で「1000円以内で食べられるデリバリーピザまとめブログ」になり、ずっと専門性が深まります。

「ピザ」はあくまでも例に過ぎませんが、このようにアイデアはいくらでも細分化できるのが分かると思います。

かなり個性的なレベルまで細分化できてからブログを書き始めると、スタートの時点ですでにオリジナリティーが生まれているので、記事が読者に刺さりやすくなります。

ひとつ注意したいのはあまりニッチにしすぎると、すぐに書くことがなくなるリスクもあるということです。書き続けることができるテーマなのかも重要ですので十分に気をつけましょう。

ブログを更新したいけれど、書くことがなくて更新できない。そんな人はちょっと頭をひねればいとも簡単にネタを生み出すことができます。そこでブログネタのアイデアをまとめてみました。

2、記事のクオリティーを高め、更新頻度を上げる

一ヶ月に一度しか更新されないブログと毎日更新されるブログとでは、リピーターの増え具合は当然違ってきます。理想は読者があなたのブログを読むことが一日の習慣になることです。

そうなるためには書き手のあなたもブログを書くことを習慣化していくべきです。

ブログで稼げない人の大半は長く続けられないことが原因です。書くネタがない、書く時間がない、など続けられない理由は様々でしょうが、そんな人に限って次のようなことを守っていなか

かといってとにかく更新すればいいわけではありません。毎日更新する記事もそれなりのクオリティーがなければ誰も読んでくれません。

質の高い記事を更新し続けることは並大抵のことじゃないです。しかしだからこそ質の高いブログには読者が集まり、継続して読み続けようとするのです。

では質の高い記事とは一体どんなものなのでしょうか。一言で言うならば「読者が知りたがっていることが詳しく分かりやすく書かれた記事」だと僕は思っています。

それには自分が書こうとしているトピックをしっかりと調査し、理解していなければいけません。情報のインプットがアウトプットのクオリティーを決めます。

ブログを書いていてネタが切れる人はたいがいインプットに時間やお金を投資していないことが原因だったりします。そこでぜひブログ運営のために活用するべきお手軽なサービスを紹介しま

さらにキーワード選定をして読者のニーズをくみ取ったタイトルを付け、読みやすい文章を構成していくことが基本です。

ブログ記事を書くうえでタイトルの付け方は最も重要な要素の一つです。タイトルが悪いとどんなにいい記事でもクリックしてもらえずそのままスルーされてしまいます。そうならないために
恥ずかしながら長い間ブログを書いてきたのに記事を書くとき、読者のことを考えずにかなり読みにくい書き方をしていたようです。 そのことに最近になってようやく気づきました。

テーマ選びの時点で、ある程度の専門性を出すことに成功していれば、自然とそのテーマに興味がある人が集まるため、あとはテーマから外れないように記事を書いていくことも大事です。

3、SNSでフォロワーを募る

最近ではほとんどのブログのテンプレートにSNSのシェアボタンやフォローボタンが標準装備されていますが、さらにちょっと手を加えるだけでもフォロワーは急増します。

おすすめなのがワードプレスのプラグイン「VA Social Buzz」。これを使うと、記事下に「この記事が気に入ったらいいね!しよう」といったメッセージとシェアボタンを表示してくれます。

本当にただこれだけの機能なんですが、インストールしたら実際にフォロワーが倍増しました。デザイン的にも読者の目に付きやすい工夫がしてあるので、大変効果的です。

ただし、ボタンをつけておけばそれだけでフォロワーが無限に増えていくほど甘くはないです。フェイスブックページ、ツイッター、インスタグラムなどあらゆる方法を使って、自分から積極的に情報を配信していきましょう。

SNSでも本気で活動をするという意識を持つと、SNSとブログが上手い具合に連動していき、ファンが増えていきます。

4、メルマガを発行する

メルマガはもう古いといった声もありますが、このブログで試したところかなりの手ごたえを感じています。メルマガがいいのは購読者が増えていくと、検索エンジンに頼ることなく、メルマガ読者からアクセスを集められることです。

また、商品やサービスを紹介したり、ちょっとしたお知らせを伝えるのにも適しています。僕が使っているメルマガはワードプレスのプラグイン「MailPoet Newsletters」です。購読者数2000までなら無料で使えるのでかなりおすすめです。

これにさらに「Magic Action Box」というプラグインを組み合わせることで、記事下にこのような応募フォームを設置しています。

5、読者と交流する

意外と多くの人がやっていないのが読者との交流です。特にオフラインで実際に読者と会って交流しているブロガーは強いです。

イベント、飲み会、講演会などリアルな場で会えば当然親近感が増すので、よりコアなファンになってくれるしょう。

オフラインで会えなくても、交流する方法はいくらでもあります。読者のコメントに応えるだけでも交流は生まれます。

よくコメントをスルーしているブログを見かけるけますが、ネガティブコメントじゃない限り、しっかり応えていくべきだと僕は思います。

コメントがあまり付かないブログの場合は、読者から質問やアンケートを募るのもありです。実際僕が運営している複数のブログでは読者の質問や記事のリクエストを募っているため、読者の方から記事のネタを提供してくれます。

読者からすれば自分の悩みを解決できて嬉しいし、ブロガーからすればブログのネタが増えるので互いにメリットが生まれ、またそれを機にファンになってくれる可能性が高いです。

まとめ

固定ファンが多くいるブログは検索エンジンに頼ることなく、記事を更新する度に多くの人に読んでもらえるようになります。

また、信頼関係ができあがっているので商品を紹介すれば売れやすくなるなど、アフィリエイトにもとても役立ちます。

まさにいいこと尽くしなので、今こそリピーター戦略を見直してみてはいかがですか?

>>あなたのブログにコアなファンがどれだけいるか調べる5つの方法

アドセンスで月20万円稼ぐための基礎ガイド
 今すぐ無料でダウンロード!