アドセンスの新しいポリシー違反!関連コンテンツのラベルに気をつけろ!

最近、アドセンスのポリシー変更があったのか、今までは注意されなかったことで警告が届いた事例があったのでご紹介します。あなたはポリシー違反していませんか?

アドセンスを運営していくうえで細心の注意を払わないといけないのがプログラムスポリシーです。しかしながらここで書かれていることはときに曖昧だったり、抽象的だったりして、何をすれば100%正解というのはなく、微妙なポリシー違反についてはグーグルにとっても判断が難しいようです。

つまりあくまでもケースバイケースで、人によっては同じ違反をしているのに警告が届く人と届かない人もいるようです。

アドセンスの広告ラベルちゃんと表示してる?

今回、紹介したい事例は、「不適切な広告のラベル」に関するポリシー違反です。ここで言うラベルとは、アドセンス広告の上に表示する「スポンサーリンク」、「広告」といったワードのことを指します。

アドセンスでは誤クリックを回避するためにそれが広告であることをユーザーに知らせなくてはなりません。そのときに使われるのが「スポンサーリンク」や「広告」といったラベルです。

現在ではほとんどのブロガーをそのポリシーを認識しているはずです。普通の広告の場合はもはや常識でしょう。では「関連コンテンツ」の場合はどうでしょうか?

アドセンスの関連コンテンツユニットとは

関連コンテンツユニットとは、そのブログの関連記事を表示し、その中に一緒にいくつかのアドセンス広告も混ざるようになっているウィジェットです。これも広告にクリックが発生した場合、アドセンス収入につながります。

こんな感じのやつです。

関連コンテンツユニットを掲載する上での注意点

しかしながらこの関連コンテンツユニットに適切なラベルを貼っていない例が多く、最近になってアドセンスが取り締まりを開始しています。

問題となったのは、ゆるねとにゅーすで表示されていた関連コンテンツユニットのラベル。そこでは「こちらの記事もお勧めです」といったラベルが使われていました。以前はこれでも何も言われなかったのにグーグルから警告が来たようです。

というのも関連コンテンツには記事だけでなく、広告も含まれているためユーザーに誤クリックを誘導してしまうからです。

Adsenseヘルプフォーラムによると、この対策として、「おすすめ記事(広告を含む)」、「おすすめ記事(一部広告を含む)」、「おすすめ記事&広告」といったラベルを付けるのが正しいとされています。

今回のように思わぬことでポリシー違反をしないようにぜひとも注意しましょう。ほかのポリシー違反の例についてはこちらで詳しく紹介しています。

>>アドセンスアカウントが停止になるポリシー違反例まとめ2017

アドセンスで月20万円稼ぐための基礎ガイド
 今すぐ無料でダウンロード!