2016/02/28

アフィリエイトの勉強のために読むべき有名ブログの記事まとめ

post-it-1079361_640

アフィリエイトを勉強するうえで、とても役立つ記事が最近ではネット上に無料で公開されています。どうやったら物が売れるのか、成約率が上がるのか、というのはアフィリエイトを実践している人の永遠のテーマだと思いますが、その答えに導いてくれる記事をまとめてみました。

1、「売る為に必要なモノが何か」はわかっている。

Stingerやaffingerといった超人気ワードプレス無料テーマの製作者としても知られるEnjilogさんによる、「売る」ための必要なことが書いてある納得の記事です。ブログでどんなふうに商品やサービスを紹介すればいいのか、と悩んでいる人が読むべきです。

スカルプDが一世を風靡したのもやっぱり「宮迫さんの髪が生えたから」なんですよね。ノンシリコンが特別どうとかぶっちゃけ関係ない(気がする)。つまり論より証拠、ただそれだけ。

色々な手法はあるけれど、やはりアフィリエイトで売るには「結果」を提示してなんぼだということですね。そのほかの説明はむしろおまけ程度に過ぎないのかもしれません。

実際に結果を出している人のブログというのは説得力が違います。ブログで稼いだことのない人が「稼ぎ方」を読者に教えても全く響かないのと同じです。

2、アフィリエイトとは、「自分の将来の疑似体験をさせること」である。

節税、会計、特定申告などについてのブログを運営しているクロネさんの記事です。ユーザーに商品を買った後のことをイメージさせることの重要性を説いています。

これは俗に言う体験を売るマーケティング「エクスマ」と通じるところがあって、どれだけ消費者の想像力をくすぐるかが鍵だということです。

やっぱり! 「モノ」を売るな! 「体験」を売れ!

つまり商品やサービスに関連する記事を書いてリンクを貼るだけでは全く効果がない、ということです。

「私は記事を書いて、広告でこういう商品があることを紹介した。だからきっと、誰かがクリックして買ってくれるだろう」と思っているかもしれませんが、残念ながら、そうではありません。

アフィリエイトは単なる商品の「紹介」ではないという言葉が心に刺さります。どれだけ想像力を刺激できるか、というのはコピーライティングの技術でもありますね。

3、たった1時間で意図が明確なキーワードを100個、探しだす方法

凄腕アフィリエイター山本一郎さんによるキーワード選定について詳しく掘り起こしてある記事。理解するには何度も読む必要がありそうです。

アフィリエイト後発組の私達が探すべきキーワードは、
ライバルが少ないキーワード
意図が明確なキーワード
つまり、上位表示させやすく成約する可能性の高いキーワードでの集客を目指します。

意図が明確なキーワードというのはとても大切な考え方ですね。アフィリエイトするなら、その案件に関連するキーワードであればなんでもいいだろうと思いがちですが、実はそうではないということです。キーワードによって成約から近いキーワードと遠いキーワードの両方あるのです。

4、アフィリエイトのターゲットを4つに分解!クラゲアフィリとは?

アフィリエイター&ブロガーとして活躍するweb軍師さんによる新感覚アフィリエイト「クラゲアフィリ」を詳しく説明した記事。ブロガーが上手にアフィリエイト商品を紹介するヒントが隠されています。

初心者の人がブログを使ってアフィリエイトする場合、どんな手法を使えばいいのか迷うところです。そこでおすすめしたいのは「クラゲアフィリエイト」と「トレンドアフィリエイト」の二

いわゆる連想ゲームといったところです。この記事にはどんな案件を紹介したら売れるのかというのを考えていくと成果が出るそうです。

考え方としては、あるキーワードを検索する属性を想像し、検索キーワードと全く関係ないけどその属性にマッチする案件を紹介するということです。

これまでアフィリエイトといえば案件や商品ありきで、それを基に記事を書くというのが当たり前だと思っていましたが、こんなやり方もあるんですね。従来のやり方とは全く逆の発想で、人よってはこっちのほうがやりやすい人もいるはずです。

5、SEO対策|検索上位を独占するために弊社が行っている36の手順

ご存知コンテンツマーケティングのモンスターサイト、「バズ部」によるSEO対策のマニュアル記事。上位表示させるにはここまでやるのかと思うほどの細かい戦略が書かれています。なかなかひとつの記事にここまで時間と手間をかけられる人はいないでしょう。しかしだからこそ、結果が出るんですね。

これからのSEO対策は、「いかに検索ユーザーにとって最高のコンテンツを作り提供し続けることができるか?」で結果が決まる。

どこでも言われていることですが、実践するのはなかなか難しいです。まさにお手本であり、目標ともいえる記事作成の手順ですね。

6、それなりに稼ぐアフィリエイトサイトが完成するまでの全手順

アフィリエイトやSEO業界では有名なパシさんによるアフィリエイトサイトの作り方の手順を紹介する良質の記事。実際に自分が作ったサイトを紹介しながら、説明しているので説得力が違います。

アフィリエイターは一般的には自分のサイトを公開するのを嫌がる傾向にありますが、パシさんはどんどん公開していっています。

アフィリエイトサイトは、時間をかければ良いってものでもないですし、サイトボリュームが大きければ良というものでもありません。やり方は人それぞれ違いますが、一つ言える事は、アフィリエイトで稼ぐってのは、楽では無いということですね。

どれだけアフィリエイトのサイトをひとつ完成させることが大変な作業か、これを読めば身にしみて分かりますね。ここまでやって初めて稼げるようになるんですね。

7、サイトのカテゴリー名を最適化することでなぜアクセス増につながるか語ってみた。

アフィリエイト戦記の水野さんによる、サイトやブログにおけるカテゴリー名の考え方についての記事。これを読んで自分のカテゴリーの使い分け方が間違っていたことに気づかされました。

検索流入が少ないサイトはカテゴリが雑な場合が多い

確かに大雑把なカテゴリー分けをしているブログって多いですよね。僕のブログもそうなので、この言葉はまさに自分に言われているように思えました。これを読んでから、カテゴリーもちょくちょく手を加えるようになりました。

8、【SEOキーワード選定方法】第1章:検索エンジンとは何だ?

T.MurakamiさんによるSEOのためのキーワード選定方法について五章にわたって書かれた長文記事。アフィリエイター初心者から上級者まで必読の内容です。

検索エンジンの目的である検索ユーザーが満足する答えを提示するという視点から逆算していけば、

  • どんなキーワードで検索されているのか
  • そのキーワードに対して、どんなコンテンツを作れば良いのか

が自然と予想できてくるハズです。

アフィリエイトではまさにこれを理解することが最優先ですね。記事作成においてはタイトルのつけ方がかなり重要となってきますが、的確なタイトルを付けるだけでは不十分で、そのタイトルに対してどんなコンテンツを作ればいいのかというのはセットで考えないといけませんね。

9、アフィリエイト初心者が最短で結果を出すためのサイト作成手順

タイガーさんによるアフィリエイト初心者向けのサイト作成マニュアル記事。マインドセット、ジャンル選び、作業の進め方などがとても参考になります。

最初は1つのジャンルを徹底的に攻める

いろいろ手を出すのもいいですが、やはり得意の分野を集中して攻めていくと結果が付いてくるというのは間違いないでしょう。複数のジャンルに手を出して、結果が出たものに力を入れていく、というやり方もありです。

ちなみにタイガーさんは月収100万円を達成するためにアフィリエイトを8年間ひたすら続けたそうです。根性が違いますね。

10、広告と利益と倫理の問題:金のためにどこまで倫理に目をつむるか

物を売るということと倫理の問題についての記事。一見、アフィリエイトとは無関係のようですが、人に商品を紹介してお金を得る、ということについて今一度考えさせられる内容です。

僕も新規開拓の営業やってましたけど、現実世界には本当に良い商品なんてほとんどありません。

確かに今の時代、本当に生活に必要なものは出尽くした感がありますよね。それでも何かを売ろうとするという行為に対して、どう考えるかというとても深いお話です。

アフィリエイトをしていくうえでぶつかる壁はテクニックや報酬といった問題だけでなく、倫理的な問題もあるのです。そのうえで報酬と倫理のどちらを優先するのか、どういう方針でやるのかを決めるのは自分を見失わないためにもとても大切です。

アドセンスで月20万円稼ぐための基礎ガイド
 今すぐ無料でダウンロード!