Ledger Nano S(レジャーナノ)を安全に最速で買う方法

この記事は 約10 分で読めます。

過去に複数の取引所がハッキングの被害に遭っていることもあり、仮想通貨を取引所に置いておくのはリスクが高いことは知ってのとおり。

そこでハードウェアウォレットがおすすめなんですが、売り切れが続出し、なかなか買いにくい状況にあります。そんなときでも安全に最も早く入手する方法を紹介します。

Ledger Nano S(レジャーナノS)の取り扱い通貨

今回紹介するハードウェアウォレットは、Ledger Nano S(レジャーナノS)。ハードウェアウォレットの中ではTrezor(トレザー)と並ぶ人気商品です。

トレザーとの違いは、取り扱っている仮想通貨にあります。特に日本人に大人気のXRP(リップル)があるのが大きいですね。

XRPはウォレットの開発がされていないので、今のところ取引所に預けておくか、ハードウェアウォレットに保管しておくかの二つの選択肢しかありません。そのうちどちらが安全かは想像するに難しくないはずです。

そのほかレジャーナノSが取り扱っている仮想通貨は次の通りです。メジャーなものからマニアックなものまで揃えていて、今後も取り扱う通貨の数は増加することが考えられます。

  • Bitcoin (BTC)
  • Bitcoin Cash (BCH)
  • Bitcoin Gold (BTG)
  • Ethereum (ETH)
  • Ethereum Classic (ETC)
  • Litecoin (LTC)
  • Dogecoin (DOGE)
  • Zcash (ZEC)
  • XRP a.k.a. Ripple
  • Dash (DASH)
  • Stratis (STRAT)
  • Komodo (KMD)
  • Ark (ARK)
  • Expanse (EXP)
  • Ubiq (UBQ)
  • Vertcoin (VTC)
  • Viacoin (VIA)
  • Neo (NEO)
  • Stealthcoin (XST)
  • Stellar (XLM)
  • Hcash (HSR)
  • Digibyte (DGB)
  • Qtum (QTUM)
  • PivX (PIVX)

>>Ledger NanoSの詳細を読む

Ledger Nano S(レジャーナノS)に未開封シールがない理由

レジャーナノSは箱に未開封シールがないので心配だという声もありますが、実はそれには理由があります。

というのもTrezor(トレザー)などの類似商品のように箱に固いシールが貼ってあったところでプロにかかればいくらでも細工ができてしまうためです。

それだけではそもそも箱を開けていない証明にはならないし、未開封シールがあるから安全という間違った印象を与えてしまうとレジャー社は考えているからです。

詳しくはレジャー社の公式ブログで解説されています。

>>How to protect hardware wallets against tampering

これについてはレジャーナノSに同封されている紙にも説明が書かれています。

紙に書かれていることは次の通りです。

Did you notice?

There is no anti-tampering sticker on this box.

A cryptographic mechanism checks the integrity of your Leder divice’s internal software each time it is powered on.

The Secure Element chip prevents any interception or physical replacement attemp. Ledger devices are engineered to be tamper-proof.

気がつきましたか?

箱に改ざん防止シールがないことを。

暗号メカニズムが、あなたのレジャーデバイス内のソフトウェアの整合性を電源を入れる度にチェックします。

セキュア・エレメント・チップがいかなるインターセプション(傍受)、または物理的置換を防ぐのです。レジャーのデバイスは改ざん防止設計になっているのです。

>>Ledger NanoSの詳細を読む

Ledger Nano S(レジャーナノS)の偽物はそもそも機能しない

レジャー社の動画では本物の商品を使ったときと偽物の商品を使ったときの様子を紹介しています。

偽物の場合、そもそもアプリ側が反応しないデザインになっています。改ざん防止設計とはまさにこのことです。

もしレジャーナノSが何者かによって改ざんされた、あるいは偽物だった場合は、アプリを起動させ、本体をPCにつなげると、「This Ledger Wallet is not genuine. このレジャーウォレットは本物ではありません」という文章が表示されるようになっているのです。

つまりそう簡単にレジャーナノSの偽物が出回ることはありません。

>>Ledger NanoSの詳細を読む

Ledger Nano S(レジャーナノS)は公式サイトで買うべき

それでもレジャーナノSを買うなら念のため公式サイトから購入するべきだ、ということは再三言われていることです。

しかしながら生産が需要に追いつかず、時期によってはストックがないこともあり、発送されるのは数ヶ月待ちといったこともあります。それだと今すぐ欲しい人にとっては不便ですよね。

ストックがあるときでも基本的にはフランスから発送されるので、日本の住所に届くまでには1週間から10日ぐらいかかります。それでも別に多少届くまでに時間がかかってもいいという人は公式サイトから購入しましょう。

>>Ledger Nano S(レジャーナノS)の公式サイトはこちら

Ledger Nano S(レジャーナノS)を公式サイトで買うデメリットは問い合わせ

値段においても安全性においてもやはり公式サイトで買うのがベストでしょう。しかしデメリットもあります。ひとつは日本語が通じないことです。

レジャー社のサポートは基本英語です。実際にサポートを使ってみて思ったのは、やはり返信の遅さが気になりますね。

日本のサービスのように翌日までに返信してくれるわけではないので何かあったときにどうしても時間がかかってしまいます。

実際、僕はレジャー社のサポートを利用して問い合わせをしたんですが、一度目は2日後、二度目は10日後に返信が来ました。つまり内容によっては返事がそれぐらい遅れるということです。

つまり万が一不良品が送られてきた場合、サポートに問い合わせてから、わざわざ郵便局に行き、国際郵便で返品し、返品手続きを行うことを考えると、かなりの時間を要することになりそうです。

>>Ledger NanoSの詳細を読む

Ledger Nano S(レジャーナノS)の購入は正規代理店なら安心

そこでおすすめなのが日本の正規代理店から買うことです。

レジャーナノSをアマゾンやメルカリなど、販売元がはっきりしないところで買うのはすでに使用された中古商品である可能性もあるので、かなり危険です。

最近でもebayで買ったレジャーナノSでフィッシング詐欺の被害に遭った人がいて、話題になっていたので注意が必要です。

その点、レジャー社が認めている正規の取り扱い店なら安心して買うことができます。正規の代理店はリテイラーリストで見ることができます。

このリストの日本の一覧で一番最初に表示されているのが「株式会社EARTH SHIP(アースシップ)」。

アースシップから購入すると、日本国内から発送してくれるので数日以内に届きます。これが公式以外では最も安心かつ最短で購入できる方法じゃないでしょうか。

アースシップで買うと、包装ビニール自体にシリアル番号が書かれているシールが貼られています。これはアースシップが「シリアルコード付きの日本語ラベル」を1点ずつ全てに貼付した上で市場に出しているからで、他店舗や転売品と混ざることを避けるためです。

このシリアル番号をアースシップのサイトで登録しておくと、不具合があった場合やセキュリティーのアップデートなどについて日本語でサポートを受けることができます。公式サイトでは日本語の問い合わせはできないので、そういう面では外国語が苦手な人にはいいかもしれません。

>>Ledger NanoSの詳細を読む

アースシップのレジャーナノSがMADE IN CHINA(中国製)である理由

アースシップから購入すると、日本語ラベルに「MADE IN CHINA」の表記があります。このせいで偽物なのではないかといったデマが流れ、消費者の間で不安が生じているようです。

しかしアースシップの日本語ラベルに「MADE IN CHINA」の表記があるのには理由があります。レジャー社はフランス企業ですが、同社製品の全てがフランスで製造されているわけではなく中国にも工場があるからです。

そのうち中国で製造されたものをアースシップは日本の税関向けに「MADE IN CHINA」表記をしているのです。

だからたとえ公式サイトから買ったものでも実は製造されているのは中国だったりします。考えてみたらiPhoneだってほとんどは中国で生産されてますからね。

これだけ世界的に需要のある商品を人件費の高いフランスだけで生産するってそもそもコスパが悪いですもんね。

これについては僕も少し気になったので実際にアースシップに問い合わせてみました。すると、翌日にはサポートから返信が来ました。対応もしっかりしていますね。

MAK様

ご連絡いただきまして、誠にありがとうございます。「MADE IN CHINA」についてですが、Ledger製品が全てフランスで製造されているわけではございません。製造自体は中国となっております。税関の指導により製造国を明記する必要があり、「MADE IN CHINA」の表記をするに至りました。

ご確認のほどお願い致します。宜しくお願い致します。

カスタマー・サポート担当:K

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

カスタマーサポートチーム

営業時間 10:00~16:00(土日祝日、年末年始休み)
メールでの受付は24時間365日承っております

念のため、レジャー本社の公式サポートにも問い合わせてみました。すると次のような回答をいただけました。

こんにちは

レジャーナノSは中国で製造されており、レジャーブルーはフランスで製造されています。

(しかしながら)当社製品のデザインはフランスで製作されています。

よろしくお願いします。

やはりフランスで全て生産されているというのはあくまでもイメージで、すでにレジャーナノSの生産は中国に移っていたのです。

>>Ledger NanoSの詳細を読む

アースシップから通販でレジャーナノSを買う方法 – ビットコインも使える

アースシップのサイトはアマゾンペイメントを採用しているので、アマゾンのアカウントでログインしてそのまま購入できます。

値段は現在のところ15800円。公式サイトの値段が79.00ユーロ(10,738円)なので若干割高になりますね。需要が急増しているので今後価格がさらに上がる可能性もあります。

アースシップの特徴は、クレジットカード、代金引換、銀行振り込みのほか、ビットコインやアルトコイン(ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ダッシュ)の支払いも受け付けている点です。

仮想通貨をやっている人にとってはこれは結構便利ですよね。

僕はブラジル在住なのですが、わざわざアースシップで購入したのをブラジルにまで持ってきて使っています。ブラジルの正規代理店でも入手が困難な状況で、世界的に品薄のようです。なので購入を考えている方はお早めにどうぞ。

>>Ledger NanoSの詳細を読む

アドセンスで月20万円稼ぐための基礎ガイド
 今すぐ無料でダウンロード!
レジャーナノS仮想通貨
mak

ブラジル在住。現地でアフィリエイトや仮想通貨の投資などをしながらマイペースに生活中。

主な実績
下克上を購入したことがきっかけでアドセンス月収26万超えを達成。
・運営している複数のブログのうち二つのブログが同時に月間約40万PV達成。
・2018年1月 一つのブログで月間100万PV達成。

・2018年4月、アドセンスと物販アフィリエイトなどの収益の合計が月60万円達成。
質問、疑問があればお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!

makをフォローする
サイト内検索
アフィリエイトシグナル|初心者の副業脱出プロジェクト