ブログでは書きたいことを書くべきか読まれる記事を書くべきか

この記事は 約5 分で読めます。

ブログにアクセスが集まらないという悩みを読者の方からよくもらいます。あるいはなかなか稼げないという悩みを聞きます。そんな人は今一度自分がブログを通じて何をしたいのかを考えてみましょう。

まず、一番最初に考えなければいけないのは、そのブログの目的は何かということです。単純に書くことが好きだから書くのか、お金を稼ぐために書くのか。あるいはその両方なのか。

お金を稼ぎたいなら具体的にいくら稼ぎたいのか。稼いだお金で何がしたいのか、といった目標を持つのもいいですね。

ここが明確ではないと結局のところ続かないし、ブログの方向性か定まらなくなってしまいます。

月に数千円稼ぐので満足なら、自分の好きなことを書いていればいいと思います。でも数万円稼ぎたい、数十万円稼ぎたいというのなら自分のブログを読者寄りにする、または市場に合わせなければいけなくなるでしょう。

1、ブログのアクセスを集めたいなら読まれる記事を書くべき

もし今の悩みがブログのアクセスを集めたい。できるだけ多くの人に読んでもらいたい、というのなら自分が何を書きたいかは置いておいて、とにかく読者が読みたいと思っている記事を優先して書きましょう。

読者が読みたいと思っている記事とはすなわちニーズのあるジャンル。人々が抱えている悩み。解決したい疑問。流行のテーマ。話題のニュース。大ブレイクしている人物。みんなが追っているイベントなどについてです。

例えば空前の将棋ブームが起こっているのに対し、チェスにはファンもプレイヤーも教室もほとんど存在しないとしましょう。

それでも自分はチェスが好きだからブログにはチェスのことしか書かないというスタンスでは大きなアクセスを呼ぶことは難しいです。

一方で柔軟性があり、フットワークが軽い人はたとえ自分がチェスの大ファンでも世の中の流れを見て将棋ブログを立ち上げるでしょう。

その結果、ニーズの波に乗って多くのアクセスを集めやすくなるのです。簡単なようでほとんどの人はこれができず、永遠とニーズのないところで自分の好きなことを好きなようにブログで書き続けます。だからアクセスが集まりません。

2、ブログで自己主張や表現をしたいなら好きなことを書くべき

もし自分の意見を表現したい。強く主張したい。世の中に物を申したい。一石投じたいというのなら自分のスタイルを貫くのも悪くないでしょう。

それならそうと、実名を使って顔出しをして、どんどん表に出て行くべきです。自分を売り物にし、ブランディングし、支持者や応援者を集める活動に精を出しましょう。

しかしあくまでも自己主張や表現が目的なら、そもそもアクセスにこだわることもないですよね。マネタイズのことだって気にしなくていいと思います。読みやすい文章より、自分がしっくり来るスタイルで書けばいいと思います。

たとえ多くの人に理解されなくても、お金が稼げなくても表現することに生きがいを感じる孤高のアーティストのような道を自ら選んでいるのは自分なのだから。それでもやりがいを持って、続けられるのなら立派だと思います。

3、ブログで稼ぐことが目的なら稼げる記事を書くべき

もしブログで大金を掴みたいというのなら、徹底して稼げるジャンルの稼げる記事を量産していきましょう。お金が動いていない市場でいくら頑張ってもしょうがないです。

どのジャンルが稼げるかはASPの報酬や扱っている案件の数を見ればだいたい分かるはずです。

ASP比較は必須!どこがおすすめとかじゃなくて案件で単価違うよ
一度使い出したからといってなんとなく同じASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)をずっと使い続けてる人は他のASPも覗いてみたほうがいいです。ひょっとすると、あなたが受け取っている単価は他と比べて一番安いかもしれませんよ。

お金が目的なら、自己表現だ、やりがいだ、多くの人に読んでもらいたいだといったことは忘れましょう。大切なのはファンの数より、収益です。アクセス数よりコンバージョンです。

プロのアフィリエイターはモチベーションに頼らず、楽しみなんて求めずに淡々とクレジットカードの記事やアダルトの記事を書き続けることができます。男なのに女性になりきって化粧水のブログを作ったり、エステの記事を書いたりもします。

また、様々なマネタイズ方法を利用して、記事をお金に換えていく努力をしています。

ブログで月60万円稼いだ僕の収益化の手段を全部暴露します
ブログ収益をなんとかして増やしたいと考えている人は、できるだけ多くのマネタイズの方法を試すのが一番です。アドセンスだけ、物販アフィリエイトだけといった一つの収益にこだわるのではなく、視野を広げてみましょう。そこで僕のブログから実際に...

徹底してお金を稼ぐこと、数字を上げることにこだわるからこそ結果が追いついてくるのです。

4、好きなことで、生きていく人たちもただ好きなことをしてるわけじゃない

最近、「好きなことで生きていく」をスローガンに掲げている人たちが多いせいか、本当に好き勝手やれば結果が出ると思っている人が結構いますよね。

でも、ブログのアクセスは欲しいけど、自分の好きなことについて書きたい。ブログで自己主張したいけど、顔出しはしたくない。稼ぎたいけど、興味のないことには手を出したくないっていう人が大部分じゃないでしょうか。

もし自分のやりたいことと、世の中のニーズが合致すればそれも不可能じゃないかもしれないけど、いつまでも自分本位では上手くいかないことのほうが多いでしょう。

日本のトップユーチューバーのヒカキンを見ても表現することが好きだという前提はあっても、ただ毎日好きなことをしてるわけじゃないですよね。

ヒカキンなんて年中無休で動画を撮影して、自分で編集して、配信してますからね。視聴者がどんなものを望んでいるか、どんな動画が視聴回数を集められるかを日々考え、試しているからあそこまで人気を集めたわけで、彼が得意とするビートボックスの動画だけをずっと配信していたら、ここまで人気者にはならなかったはずです。

まとめ

以上を踏まえたうえで、あなたはこれからどんなブログ記事を書いていくのか、もう一度考えてみてください。書きたいことを書くべきか読まれる記事を書くべきか。自分の目的は一体何なのか。

ちょっと極端な話になってしまいましたが、自分が掲げる目的に対して、どこまで舵を取れるかがブログでは重要になってくると僕は思っています。

もし今の状況に不満があるとしたら、何が自分に欠けているのかを見つめなおしてみましょう。そして一度徹底的に目的達成のために行動してみてください。そしたら何かが変わると思います。

マインドライティング
MAK

ブラジル在住。現地でアフィリエイトや仮想通貨の投資などをしながらマイペースに生活中。

主な実績
下克上を購入したことがきっかけでアドセンス月収26万超えを達成。
・運営している複数のブログのうち二つのブログが同時に月間約40万PV達成。
・2018年1月 一つのブログで月間100万PV達成。

・2018年4月、アドセンスと物販アフィリエイトなどの収益の合計が月60万円達成。
質問、疑問があればお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!

MAKをフォローする
アフィリエイトシグナル|初心者の副業脱出プロジェクト