ブログ記事は速く書くべきか丁寧に書くべきか、あなたがなかなか公開できない理由

この記事は 約5 分で読めます。

speed

読者の方から質問をいただいたので、この場を借りてお答えします。今日のテーマは「ブログ記事を書くためにどれくらいの時間を費やすべきか」です。ほかにもどしどし質問募集中です。僕に分かることでしたらなんでもお答えします。

質問内容

ブログ1記事にかける時間について

ニッチな特化型ブログを始めたばかりの初心者です。ブログを充実させるために記事を揃えていますが、初心者なので、すべても作業に時間がかかりますし、思っていることのアウトプットに時間がかかります。

1記事にかける時間は30分、という目安を聞いたことがあります。ブログ執筆は時間食い虫なので、適正な時間配分しないと、生活か侵食されるとかなんとか。。。

本業もあるので、30分は適正だと思うのですが、写真や動画、地図情報など考えると、とても30分では収まりません。まずは練習と思って、30分で1記事書ききるようにして、あとあとクオリティを上げるもしくは30分以上の時間をかけても、1記事のクオリティ、精度をある程度求めて、その後時間を短縮させていくどっちが相応しいでしょうか。

アドバイスお願いします。ちなみに1日に一記事を目標としていましたが、まったく達成できていません。。。

では質問に答えていきます

僕がブログ記事を書くために費やす時間

1記事にかける目安が「30分」というのがどこの情報なのか分かりませんが、僕自身は1記事に対してどんなに早くても1時間は費やします。

何かについて詳しく調べて、書いているときなんかは2時間も3時間もかかる場合もあります。書くのはそんなに早いほうじゃないです。その一方で丁寧に書いているかというとそうでもなく、流れるように書いてもこれくらいかかってしまいます。

ブログ記事を書くのに時間がかかるのはあなたが筆者と編集者の両方を兼ねているから当然です。特に慎重な人は書いては見直して、書いては見直してとやっているだろうから、それではどうしても「30分」内で書き終えるのは難しいでしょう。

書くのが遅い僕が言うのでもなんですが、僕はブログはスピードだと思っています。他人と比べると遅くても自分の中ではささっと速く書こうという意識はいつも持っています。時間を短縮するのは今後の課題でもありますが。

完璧を求めすぎるとどうしても作業が遅くなるので、それなら質は多少落ちてもできるだけ速く情報を届けることに僕は力を注いでいますね。なので書き終えたら一度読み直すだけで、すぐに公開してしまいます。

ブログがいいのは誤字脱字などがあったり、気に入らない箇所があれば後でどうにでも編集できる点です。だからちょっとやそっと間違えてても気にしません。

また、記事の質が高いか低いかは書き手が到底判断できることじゃなく読者が決めることです。読者にとって有益な情報なら有益で、無益なら無益なのです。自分で判断がつかないものにいちいち頭を悩ませていること自体が無駄なのです。

なぜブログ記事を速く書くべきなのか

そもそもなぜ速く書かなければいけないのか、を考える必要があります。

  1. 速いほうがいいって言われたから
  2. 時間がかかるとイライラしてくるから
  3. 時間がないから

「1」の場合は、他の情報などあくまでも目安だと思って無視しましょう。

「2」の場合は、自分の好きじゃないことを書いているか、あるいはお金を稼ぐことだけを目標にしているか、いずれにしても無理してブログを書こうとしているタイプに多そうです。もし好きで楽しんで書いてたら何時間でも書いていられるはずです。

「3」の場合は、もし毎回1記事を書くのに3時間も4時間もかかってしまうというのなら集中力や記事そのものに問題があるのでしょう。基本1記事1テーマというのを心がけましょう。

例えば「満員電車に乗るときのベストな場所取り方法」というタイトルで記事を書く場合、最初は「場所取り」の話をしていたのに、いつの間にか山の手線の電車のほうが中央線より混んでいるなどといったように話が脱線(電車だけに)する人がいますが、書いているうちに盛り上がってきたら、それはまた別の記事で書けばいいのです。

誰もあなたのブログで小説並の起承転結のある文章なんて求めてません。もっとシンプルな内容にするように心がけましょう。

1日30分しか自分の時間を作れない、というのならそもそも1日に30分しか時間がない人にブログなんてやる資格があるのかどうかという問題になってきます(それでもやっている人はいますが)。

そういう人は30分以内で書くことにこだわるのではなく、30分以上の時間を確保することにこだわったほうがいいです。寝る時間を割くとか、早く起きるとか、テレビの時間を短縮するとか、時間の活用法はいくらでもあるはずです。

それでもあなたがブログを書けない理由

1、完璧主義だから

完璧な文章なんて存在しません。人があなたのブログを読むのは文章が上手いからではなく、あなたのやっていること、テーマにしていること、発信している情報に興味があるからです。

2、他の人のブログと比べているから

ブログをスタートするときは、どうしても同じテーマやジャンルを扱っている人気ブログと自分のブログを比べてしまいがちです。おそらくそれで多くの人は自信を失うでしょう。中には俺のほうが、私のほうがもっといいのを作れると自信を持つ人もいるでしょうが、少数派だと思います。ただ、他人がやっていることなんて気にしていてもしょうがないです。

あなたにはあなたしか発信できない情報が必ずあります。なぜならブログにはあなたの生き様が映し出されるからです。それこそがブログの醍醐味なのです。

3、恥ずかしいから

多くの人が恥ずかしいという自意識の下、記事を公開するのを躊躇しがちです。でもそもそも公開したての記事なんてほとんど誰にも読まれません。だから恥ずかしがることなんて無駄です。むしろ最初は独り言をいうような感覚で書けばいいでしょう。あるいは特定の友達や家族に向けて書いているような感覚でいいんじゃないでしょうか。

つまりはつべこべ言わずにとにかく書けってことです。一度習慣にしてしまえばブログで情報を発信することもそれほど苦じゃなくなりますよ。

ライティング
MAK

ブラジル在住。現地でアフィリエイトや仮想通貨の投資などをしながらマイペースに生活中。

主な実績
下克上を購入したことがきっかけでアドセンス月収26万超えを達成。
・運営している複数のブログのうち二つのブログが同時に月間約40万PV達成。
・2018年1月 一つのブログで月間100万PV達成。

・2018年4月、アドセンスと物販アフィリエイトなどの収益の合計が月60万円達成。
質問、疑問があればお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!

MAKをフォローする
アフィリエイトシグナル|初心者の副業脱出プロジェクト