2016/04/06

ブログ用おすすめ無料写真素材、日本&海外サイトまとめ

14-00-24-974_640

ブログに写真(画像)を使いたいけど、著作権の問題などが心配、という人のために無料で利用できる素材を集めた日本と海外のサイトを紹介いたします。文字だけがずらっと並んだブログは苦手という読者もたくさんいるので、ぜひ格好いい写真を文章の間に挟んで、記事のレイアウトやデザイン性を向上させましょう。

日本の写真(画像)素材サイト一覧

なんといっても日本の画像素材サイトには日本の風景や人の写真が多くストックされているのが一番の売りです。旅行に行ったけど写真を撮り忘れた、外で面白い人に遭った体験を記事にしたいけどイメージ写真がない、なんてときにはこれらのサイトから画像を借りて最大限に利用しましょう。

1、POKUTASO

多くのブロガーが利用している写真素材サイト。あまりにも広く使われているのでこの男性(大川竜弥)に見覚えがあるという人も多いはず。登録不要で簡単にダウンロードできるのがナイスです。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-OOK58_chorknagerukyoushi-thumb-1000xauto-15535

2、ASHINARI

POKUTASOにも勝るとも劣らない全国のアマチュアカメラマンの写真を集めた素材サイト。様々な状況の画像を登録なしでダウンロードできます。

a0002_010791

3、GIRLY DROP

IMG_2846

乙女チックな写真ばかりを集めたサイト。テイストがアーティスティックで、おしゃれなブログにぴったりの素材がたくさんあっていいです。

4、PHOTO AC

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s

無料で一枚ダウンロードするたびに日本赤十字社に0.1円寄付されるユニークな仕組みのサイト。無料会員登録しなくてはならない手間とダウンロードした画像がジップファイルに入ってくるのがちょっと難点。

5、BEIZ

風景画像をメインに扱っているサイトで写真のクオリティーが高いです。登録なしでダウンロードができるのはいいものの、検索機能がないのがちょっと残念。

sea-ocean_00130

海外の写真(画像)素材サイト一覧

海外の写真(画像)素材サイトを使う利点は日本の他のブロガーと写真がかぶりにくい点にあります。写真がかぶってしまうと、あたかも同じ人たちが書いてるブログのような印象を与えてしまいます。できるだけ独自性を出すためにはあまり日本人が使っていない海外の画像を使用することをおすすめします。

1、PIXABAY

14-00-24-974_640

このブログでも度々利用している海外のサイト。いろんな種類があってかなり便利。登録も必要なく、すべての画像が商用、非商用を問わず、コピー、改変、再配布することができます。

2、MOUGUEFILE

DSCF2531

芸術的でおしゃれな写真を多く扱っているサイト。登録なしですぐにダウンロードできます。

3、ALL THE FREE STOCK

image

高解像度、大サイズの写真を集めたサイト。どちらかというと芸術的な写真が大部分を占めています。

4、PHOTOPIN

9354657185_52c11a693f_n

photo credit: Tom Cruise via photopin (license)

多くの写真を扱っているのはもちろん、海外の有名人の写真まであったりする膨大な数の写真を保有するサイト。登録も必要なしでダウンロードできるのがいいです。

5、COMPFIGHT

4446156147_03a353ab90
Photo Credit: kzy619 via Compfight cc

世界各国の町並みや風景を初め、人物やシチュエーションものも多く取り揃えているサイト。画像の質はピンきり。登録なしで利用できます。

6、FREE IMAGES

SAMSUNG DIGIMAX 360

風景画、人物画、シチュエーションものなどなんでも取り揃えている巨大サイト。無料だけでなく有料の画像も多く、登録をしないといけないのが難点。

7、PHOTL

0010404702Z-849x565 (1)

1日20Mまでなら無料でダウンロードできるサイト。登録の手間とダウンロードするまでに少し時間がかかるのが難点。

8、Flickr 
Joburg Nights - South Africa

photo credit: South African Tourism – Joburg Nights

ご存知、世界的に有名な写真共有サイト。簡単にダウンロード、シェア、ブックマークできるのが特徴で、「クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般 (CC BY 2.0)」の条件で絞って検索すれば、自由に複製、再配布、改変ができる画像が検索できます。ただし、リンク付きのクレジットを書くことが義務づけられています。

まとめ

フリー素材とは言っても、なんでもかんでも無料で自由に使用していいという意味ではありません。サイトや写真によってはクレジットやリンクを張ることが義務付けられているもの、商用利用はできないもの、また利用するのはよくても画像を編集してはいけないものなど様々な条件が課されている場合があるので、その都度サイトで明記されているポリシーに従いましょう。

アドセンスで月20万円稼ぐための基礎ガイド
 今すぐ無料でダウンロード!