2016/05/13

トレンドアフィリエイトでバズりやすい3つの芸能ネタとは?

key-182915_640

「下克上(GEKOKUJO)」のトレンドアフィリエイトを実践して、収入やアクセスも順調に伸びていき、自分なりに色々なことに気づき始めています。ある種のコツのようなものも見えてきたので紹介したいと思います。

トレンドアフィリエイトでヒットしやすい芸能記事

芸能記事を書いていくなかで、アクセスを一気に集めるタイプの記事とそうではない記事があることが分かりました。それはおよそ次の通りです。

1、人気番組に出演した芸能人の記事は”そこそこ”アクセスが集まる。

ゴールデンタイムなどに放送される人気番組にゲスト出演した、あるいはこれから出演する芸能人について記事を書くとそこそこのアクセスが集まります。ただ、これは番組の視聴率や反響にも左右するため、ネタ選びが難しいという一面もあります。

そんな中、TV番組系の記事を書く場合には、少しネガティブな内容になってしまいますが、タレントが「老けた」、「劣化した」、「太った」、「すっぴんがひどかった」などの記事が拡散しやすいようです。「~の番組にAが出ていたけど、こんな顔になってたよ」といってキャプチャー画像などを載せれば結構なアクセスになります。

2、芸能人の結婚、離婚記事は”まあまあ”アクセスが集まる。

wedding-322034_640

なぜ”まあまあ”かというと、結婚、離婚記事に群がるライバルが多いため、それに関連するタイトルで上位表示することが難しくなっているからです。そのためタイトルをずらして、視点を変えることでアクセスを集めるのがいい、と「下克上(GEKOKUJO)」は教えていますが、ずらしたところでやはりそこにもライバルがいたり、またずらしすぎてそのキーワードの検索数が少なかったり、と結果を出すのが難しい場合が多々あります。

そこでチャンスなのは芸能人の結婚相手、離婚相手の素性があまり世間に浸透していないときです。例えば「浜崎あゆみがアメリカ人医学生と結婚」という話題が挙がったときには、まだその人のことを知っていて、その情報をネットにアップしている人の数が少ないのに対し、多くの人が相手がどんな人なのかを調べるので、記事にすれば爆発的なアクセスが望めます。特に相手の画像を探し出して記事に加えてあげると効果的です。

しかしここで「アドセンスのポリシー」の問題というのが浮上します。一般人を特定する画像を載せるのは望ましくないので、アカウント停止になる可能性がつきとまうため、人によってはやらないほうがいいと指摘する人もいますね。そこでこういう場合には顔の目の部分にモザイク、あるいは黒線を付けてトラブルを回避しましょう。

3、訃報記事には”すごい”アクセスが集まる。

american-21943_640

少し不謹慎かもしれませんが、有名人が亡くなったときにはその人に関連するキーワードで記事を書くことで多くのアクセスが集まります。特に人気の芸能人じゃなくても亡くなったときには一気に話題に上がります。そしてむしろ旬な芸能人じゃないほうがその人の情報がネット上に出回っていないため記事を書けば大きなヒットを飛ばす可能性が高くなります。

亡くなった人の生涯の功績を挙げるのもいいし、面白エピソードなどを集めてもいいでしょう。歌手でタレントのたかじんが亡くなったときにはたかじんについての記事を書いたら、数日で1万PVを超えるアクセスが獲得できました。

収入を伸ばすためにはヒットした記事の関連記事をすぐに書くことがおすすめです。僕もたかじんについての関連記事をいくつか書きましたが、いずれもバズり、わずか数日で3万PVを記録しました。一つの記事が当たったら、そこで手を止めるのではなく、必ず後追い記事を書いて収入を最大化しましょう。

アドセンスで月20万円稼ぐための基礎ガイド
 今すぐ無料でダウンロード!