2017/04/23

漫画やアニメをブログに合法的に引用する方法

アニメや漫画の画像を引用しているブログを見かけたことってありませんか。実はあれ、場合によっては著作権侵害の問題に発展することがあり、漫画家や出版社からクレームを受けるケースもあります。そこでそんなトラブルに見舞われないためにも合法的に引用する方法を紹介します。

公式ツイッターアカウントを利用する

ツイッターはそもそもシェアされることを前提にしているサービスなので、ブログに埋め込むのは自由です。ただし、著作権を侵害しないためには公式アカウントのものである必要があります。

例えばドラゴンボールの画像を使いたいときはドラゴンボール公式ツイッターを探しましょう。

このようにすれば、ブログで紹介、引用することが可能になります。画像についてコメントするのもいいし、自分の記事のテーマと合わせることで、読者にインスピレーションを与えることも可能です。人気漫画なら大抵は公式ツイッターアカウントがあるので、引用ネタは山ほど見つかるはずです。

著作権フリーの漫画やキャラクターを利用する

佐藤秀峰の「ブラックジャックによろしく」は利用規約を守れば二次利用が可能な作品として知られています。

>>「ブラックジャックによろしく」の利用規約

そのため学校や団体など多方面で利用されており、それがまた作品の宣伝にもなっているようです。佐藤秀峰が自分の作品の著作権をフリーにした経緯は電子書籍「漫画貧乏」で説明しています。


漫画貧乏

マンガルーを利用する

漫画のコマをブログやウェブ上で利用することのできるサービスがマンガルー。マンガルーが事前に使用許諾を得ているので、著作権を気にせずブログでシェアできるのがいいです。

まだ新しいサービスでこれからという感じがしますが、利用者にも出版社側にもメリットがあって今後の成長が期待できそうです。

引用可能は作品例はこちら

  • テンプリズム/曽田正人
  • 賭博堕天録カイジ/ 福本伸行
  • アカギ/福本伸行
  • ポプテピピック/大川ぶくぶ
  • メイドインアビス/つくしあきひ

アカギやカイジなどは名言も多いのでブログで引用するのにはいいかもしれませんね。

ちなみにマンガルーを使うには事前のサイト登録が必要です。特に個人情報を伝える必要はなく、メールアドレス、名前、サイト名、URLだけで登録ができるので簡単です。

>>マンガルーの詳細を読む

アドセンスで月20万円稼ぐための基礎ガイド
 今すぐ無料でダウンロード!