2016/07/22

medi8の評判ってどうなの?実際に使ってみた感想と使い方

media8

medi8という広告会社から広告配信のオファーがあったので実際に使ってみることにしました。実体験を基にメリット、デメリット、単価などについて紹介したいと思います。

ある日、medi8からこんなメールが届きました。それも同じ内容のメールが同時期に二つのブログから届いたのです。

こんにちは。 株式会社アドジャポンのPと申します。 弊社は「nend」「A8」等の国内最大のアドネットワークを運営する東証一部上場の株式会社ファンコミュニケーションズ100%出資海外戦略子会社です。 この度、MAK様のサイトを拝見し弊社で運営する「medi8(インプレッション課金型広告配信最適化プラットフォーム)」を掲載させて頂きたくご連絡いたしました。
●    http://medi-8.net/ja
●    広告配信:javacript tag/RTB
●    CPMモデル
medi8は国内・海外、PC/モバイル/タブレットと ほぼすべてのトラフィックの収益化が可能になっております。国内では「nend」を含め、多数のDSPやアドネットワークと接続されております。 もしオンライン広告をご利用中の場合、可能な限り、下記の現状を教えていただけますでしょうか。
①    月間インプレッション
②    CTR
③    CPM(アドセンスの場合はページRPM)
④    CPC単価
medi8での予想CPMを提案させていただきたいと思います。(medi8の広告単価はCPCではなく、CPMで運営しております)最後に、medi8は掲載できる広告枠数に制限がなく、幅広い分野や種類の広告インベントリーを保有、配信しております。

もし特に配信されたくないカテゴリー等ございましたら、ブロックすることも可能ですので、この点何卒ご安心くださいませ。以上、何かご不明な点や気になることがございましたら、気軽にお申し付け下さい。それでは、何卒よろしくお願い致します。

とても丁寧なメールで第一印象はいい感じでした。ときどきこうしたメールが来るのですが、いつも一応どんな広告なのかチェックするようにしています。そのときはホームページを見てから試してみるかどうか決めるようにしています。ときどきですが、全く信用できそうもないような広告会社が声をかけてくることもあるのでくれぐれも注意が必要です。

とある企業からまた広告配信依頼のメールが届いたのですが、ホームページのあまりの出来の悪さに唖然としてしまいました。これだけ見栄えのいいテンプレートが無料で配られるようになっ

medi8とは?

さて、このmedi8ですが、一体どんな会社なのでしょうか。おおよそ次のようなことが分かりました。

  • 「nend」、「A8ネット」、「Moba8ネット」、「nex8」などの広告配信サービスを運営する株式会社ファンコミュニケーションズの100%子会社
  • パソコン、スマホ、タブレット向けに広告を配信している
  • 日本だけでなく、海外向け広告も配信している
  • 海外だけでも約110個以上のアドネットワークとつながっている
  • クリックではなく、インプレッションで単価が決まる

medi8の入会から広告を作成する方法

申し込み方法は至って簡単です。メディア登録のページからメールアドレスを送ると、メールに登録用のリンクが送られてきます。

media8_9

リンクをクリックすると、申し込みフォームに飛ばされるので、そこで以下の基本情報を記入するだけです。特に厳しい審査は設けていないようです。

media8_1

登録が終わったら、次にさっそくブログに掲載するための広告を作成しましょう。しかしこれが意外にやっかいでした。どこにもやり方が説明しておらず、メニューのどこを見ても「広告作成」といったボタンがないからです。ホームページの情報が少なすぎて、あともう少しで諦めるところでした。

このようになぜかメニューが英語で分かりにくいです。このメニューの中なら、「Network」が一番それっぽいんですが、広告作成には「Inventory」をクリックするのが正解です。
media8_2

続いて「Inventory」の画面下で「Zones」のところに「0」と表示されているのでそれをクリックします。media8_11

ここで「新規Zoneを登録」をクリックすると、やっと広告作成ページに以降することができます。ちょっと手間がかかるのが難点ですね。

media8_4

続いてゾーン作成のページに移りますので、ここでメディアタイプ、サイズ、アダルト広告のオンオフなどが設定できます。medi8ではなぜか広告のことをゾーンと呼んでいるのが紛らわしいですよね。

media8_12

medi8の単価っていくらなの?

実際に使ってみた単価はこんな感じです。1日目の数時間でインプレッションが240に対して12円の報酬が発生しています。クリック数はゼロですが、それでもインプレッションで単価が発生するのが特徴です。

media8_8

数日使ってみた結果はこちらです。100円稼ぐには2449インプレッションが必要でした。ちなみにeCPM(広告表示 1,000 回あたりの推定収益額)は40.83円。クリック数やCTR(クリック率)も表示されていますが、問い合わせたところクリックは報酬に換算されないそうです。

一応ダッシュボードにクリックについて記載がありますが、精算はCPMで行われるので、実際CPCの単価は反映されません。そのため、クリックによる報酬は気になさらなくても大丈夫です。

media8_13

では続いてメリット、デメリットについて触れてみます。まずはデメリットから。

medi8のデメリット

使い勝手が悪い

これはmedi8次第でどうにでも改善できそうです。まず独自の専門用語を使わずに一般的に使われている言葉で統一するべきですね。ゾーンってなんだよって話だし、Q&Aページや使用マニュアルなどが一切ないのが痛いです。操作が面倒くさいとユーザーはそれだけで離脱してしまいます。

広告審査に時間がかかりすぎる

広告作成が完了してから、広告の審査が通るまでに約1週間ぐらいかかりました。向こうから広告配信しませんか、と持ちかけてきたことを考えると、ちょっとありえないですよね。

仕方なく、担当者に問い合わせて審査を早くしてもらうように促しましたが、人手不足なのかユーザーが一気に増えているのかわかりませんが、考えられないくらいの時間がかかっています。

単価が低い

広告の単価はやはりどうしてもアドセンスと比べてしまいますが、インプレッション報酬だとしてもやはりアドセンスには敵いません。印象としてはeCPM(有効インプレッション単価=アドセンスのRPMに値する数値)はアドセンスの三分の一ぐらいじゃないかと思います。これがもっと高くなったらいいんですけどね。

medi8のメリット

海外向けにも広告配信できる

僕はブラジル在住なんですが、ブラジルから見ると現地企業の広告がちゃんとポルトガル語で配信されます。広告数はもちろんアドセンスとは比べ物にならないでしょうが、海外のアドネットワークと提携しているというのは嘘ではないです。

サポートは親切

何度かメールで問い合わせをしてみましたが、メールでサポートと連絡するとおおよそ24時間に返信が来ました。対応も丁寧で感じはよかったです。

>>medi8の詳細を読む

他におすすめのスマホ広告は?

nendlog

同ブログではnendをおすすめしています。nendも親会社はmedi8と同じ株式会社ファンコミュニケーションズなのですが、サービスの種類が変わってきます。

nendはクリック単価で収益がもらえるので、ほかのサービスと比較するのも、戦略を立てるのも僕にとってはこちらのほうが分かりやすくていいです。

nendのクリック単価はその都度変動するので流動的ですが、中には1クリック17円といった高額な広告もあります。

最近ではとにかくたくさんの広告配信サービスがあります。同ブログだけでもすでに9社の企業を紹介してきました。しかしどれもだいたい似通っているのが現状です。そんな中、アドセンス以外ならnendがやはり一番無難でおすすめです。

>>nendの詳細を読む

アドセンスで月20万円稼ぐための基礎ガイド
 今すぐ無料でダウンロード!