2015/10/08

ブログ飯のネタバレと感想&評価

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

新品価格
¥1,728から
(2015/10/7 07:46時点)


今日は染谷昌利さんの「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」を感想やネタバレを交えて紹介したいと思います。買うかどうか迷っている人の参考になれば嬉しいです。

ブログ飯のネタバレ

ブログを飯を食う、というのはこれからブログを始めようと思っている人、あるいはすでに始めている人にとっては目標であり、夢でもあります。そんな夢を実現した人が他でもないこの本の著者染谷昌利さんです。

染谷昌利さんはもともと普通のサラリーマンで営業、人事、金融などを担当したそうで、12年間会社員として働いた末にフリーランスになったそうです。当時ブログの収入は小遣いにも満たない額だったのにもかかわらず、奥さんも子供もいながら仕事を辞めて大勝負に出ます。1年分の退職金を資金に、必死にやればなんとかブログで食べていけるんじゃないか、と踏んだわけです。

手当たり次第、がむしゃらに複数のブログを作成し続けてもしかし収入は思うように伸びず、貯金は減る一方。そんな中で家族を養っていかなければならないこともあり、一時は再就職も考えたそうです。しかしあるときそんな染谷昌利さんに急に転機が訪れます。あるブログが当たったことにより徐々に手ごたえを掴んでいき、収入も急増し、今に至るようです。

本書は、ブログの立ち上げから、軌道に乗って稼げるようになるまでの経緯を綴ったうえで、ブログ運営における心構えを説いています。染谷昌利さんのブロガーとしての自伝といってもいいかもしれません。目次は次のようになっています。

第一章 私が「ブログ飯になるまで」

第二章 ただのブログを「飯が食えるブログ」に変える

第三章 継続して成果を出すブログの違い

第四章 個人でお金を稼ぐということ

第五章 SNSことはじめ

第六章 突き抜ける技術

各章が4から10記事で構成されていて、ページ数は256ページです。

ブログ飯の感想&評価

目次を見ても分かる通り、ノウハウやテクニック本ではありません。ブログを始めようと思っている、あるいは始めたばかりの初心者向けの内容で、これを読んだら稼げる、あるいはブログで成功できる、というのではないです。

一方で、どんなふうにブログで家族を養えるようになれるのか、ひとつの成功例が知りたい人にはいいでしょう。ストーリー性が強く、文章も分かりやすいので、特に1章はサクセスストーリーを読むような感覚で、すらすら読めるはずです。2章以降からは各章で複数の記事に分けてテーマに沿って、経験に基づいたアドバイスを提示しています。どちらかというと入門書やマインド本といった印象が強いですね。

本にしては値段はそこそこするので、買う前にぜ必ず自分が本当に求める内容かどうかを考えてから購入しましょう。また、染谷昌利さんのブログを読んで、どういった活動をしているのかよく知ってからでも遅くはないです。

染谷昌利さんのブログ

アドセンスで月20万円稼ぐための基礎ガイド
 今すぐ無料でダウンロード!
この記事が気に入ったらぜひシェアをお願いします!

著者:mak

更新情報の通知はこちらから!