2017/03/18

トレンドブログ開設から3ヶ月で30万PV達成するための方法

arrow-224433_640

以前にも「ブログ開設2ヶ月で10万PV達成、トレンドアフィリは投資が重要だった」で紹介したトレンドブログが開設から3ヶ月弱で月間32万PVを超えました。そこでアクセスアップのために僕が気をつけたことや意識してやったことをまとめておこうと思います。

kiji

8月のアクセス数(セッション)は19万6102、ページビュー数は32万6055でした。一日の最高が1万472アクセス(セッション)、おおよそ平均して一日6500から8500アクセス(セッション)ぐらいの間をゆらゆらしています。

一度8月11日にがくんとアクセスが落ちているのはサーバーがダウンしたためです。調子がいいときのサーバーのダウンは恐ろしいです。ちなみに僕はアメリカのVPSサーバーを使っていましたが、こういうことがあるので日本のエックスサーバーに変えました。

ブロガーやアフィリエイターの皆さんがエックスサーバー、エックスサーバーとあまりにもうるさいので、どれだけいいものなのか契約してみました。使ってみたらびっくりで評判どおり動作

さて、ブログ開設から3ヶ月ちょっとで、30万PVを超えるのにどんなことに気をつけたのか見ていきましょう。

月間30万PVのブログにするための5つのポイント

1、ジャンル選び

このブログは映画、ドラマなどをテーマにレビュー、ニュース、まとめ記事、こぼれ話、裏話などを書いています。一般的なトレンドブログと違うのはゴシップネタなどを扱わないことでしょうか。

自分の好きなドラマ、映画を実際に視聴してから記事を書いているので、ある程度予備知識があることを書いています。もちろんネットで調べて記事にすることはありますが、リライトは極力避けています。

ジャンル選びはあまりニッチなものにすると、アクセスを集めるのに時間がかかるの対し、あまりメジャーなものにすると、他のブログと被りやすくなるという欠点があります。理想はメジャーすぎもせず、ニッチすぎもしない分野です。それを見つけるにはやはりリサーチだったり、ライバルチェックが不可欠です。

ブログを開設する前に自分のブログのテーマに関するライバルがどれだけいるのかをチェックしてみるのがいいでしょう。テーマと記事の両方のキーワードで検索かけてどんなサイトが上位表示されるのかやるべきです。例えば釣りブログだったら、「釣りブログ」と検索するだけでなく、そのブログの中で自分が書こうとしている記事のタイトルに含まれるキーワードでどれだけライバルがいるのか、そのライバルはどの程度のレベルなのかを見ておくといいかもしれません。

ただどれだけライバルチェックやキーワード選定に時間を割いたとしても、実際にブログを開設して、記事を書いて公開するまでは上手くいくかどうかは誰にも分かりません。もしジャンル選びに失敗したと思ったら、また違うブログを作ればいいだけです。

2、記事作成

記事を作成するときは、まず「下克上」や「PRIDE」の手法にあるように、トレンドの話題を集めてきます。トレンドとは「今まさに旬」な話題ということです。ただ、トレンドにも一瞬で終わるトレンドと、一定期間継続するトレンドがあるので、できるだけ長生きする「旬」なネタを選びます。

例えば特定の芸能人を話題にするならその芸能人の露出がどれだけTVで続くか、どれだけの期間メディアで話題を振りまくかにかかってきます。これがドラマだとワンクール、季節ネタだと数ヶ月、イベントだと開催期間前後といったように寿命が変わってきます。

トレンドとは関係なく常にある程度の検索ボリュームのある分野もあります。悩みや疑問についての記事がそれに当たります。薄毛の解消法、ダイエット方法、英語の言葉の意味などは常に一定の数の人たちが答えを求めて検索します。

そういう人たち向けに記事を書けばシーズンやトレンドに関係なく、安定したアクセスを稼げます。しかしその反面成果が出るのに時間がかかるというデメリットもあります。

30万PVを達成したブログではずばりトレンドを狙いました。ただ、よくあるトレンドブログのように毎日毎日トレンドキーワードを追うことはしていません。思いついたら何か書く、いいネタを見つけたら書くというスタンスです。

文字数

記事を書く際に文字数は多いほうがいいといった意見をよく聞きますが本当か嘘かは分かりません。僕はあまり気にしていないです。ただ、好きなことを書いていると自然と文字数は1000文字を超えることが多いですね。

一方で文字数が少ない記事もいくつかあるけれど、他の記事からその記事にリンクを貼っていることもあってか、文字数が少なくてもなんとかアクセスは稼げています。文字数が多かろうと少なかろうと、人は興味あるテーマの関連記事はついつい読みたくなるものです。なので文字数にはそれほどこだわってはないです。

3、記事数

ここまで公開した記事の数はたったの23記事です。8月にアップした記事は7記事です。それでもなんとか高いアクセスをキープすることに成功しています。トレンドブログの一番の難関はアクセスをキープすることじゃないでしょうか。一時的に多くのアクセスを集めても次の日には半減してしまうようでは、継続して稼ぐことができません。

アクセスをキープするにはやはり記事を長い間上位表示させることが必須なので、ライバルを寄せつけないオリジナリティーと質が問われます。僕の記事は特別質が高いとは思えないので、おそらく他の人があまり書いていないことを記事にしているという意味でのオリジナリティーがあるんだと思います。

4、人気のない記事は容赦なく削除する

運良くこれまでに公開した23記事のほとんどが数千から数万アクセスを集められています。このブログに関しては、もし思うようにアクセスが伸びなかった記事は削除するようにしています。といってもまだ2記事しか削除していませんが。

記事を削除するのは、そうすることでブログ全体の質を落とさないように気をつけているのです。それがどの程度の効果をもたらすのかは今のところ観察中です。削除するタイミングはその記事が旬を過ぎた時点で、どのくらいのアクセスを集めたかで判断しています。

旬を過ぎた話題はそれ以上爆発的なアクセスを呼ぶ可能性は少ないので、例えば1万アクセスを見込んで、数百アクセスしか集まらなかった場合などが削除の対象になります。数千アクセス集められれば今のところはとりあえずよしとしています。

5、記事公開のタイミング

おそらくトレンドブログにおいて一番重要なのがこれだと思っています。とにかく誰よりも早く、誰も書いていないことを書いて公開すれば上位表示されやすいです。ある程度アクセスが集まってきて、ブログに力がついてきた今でも記事公開のタイミングが遅れると思ったようなアクセスが集まらないことがあります。

これは検索エンジンがブログ単位じゃなくて、記事単位で質を査定して、検索順位に反映させているからじゃないかと考えられます。

つまり一記事一記事が真剣勝負だということで、他の記事がアクセスを集めているからといって、どんな記事でも上位表示させられるということではないのです。

かといって後から書いた記事は上位表示できない、ということではなく、上位表示するのに比較的時間がかかるということです。それだと旬な話題を扱っている場合は、上位表示される頃には人々の興味が他の話題に移っている、というリスクがあるのです。

まとめ

ブログが30万PVを達成して気づいたことは、やっぱりブログは色々なジャンル、タイプのものを複数作ってみるのがいいなあ、ということです。失敗を気にせずにどんどん新しいものに挑戦していく中で、たまたま当たるブログが出てくる可能性が確実に増えていくんじゃないかというのを実感しつつあります。

そしてたまたま当たったブログを自分なりに検証していくことがなにかしらの経験になり、スキルになると信じています。

アドセンスで月20万円稼ぐための基礎ガイド
 今すぐ無料でダウンロード!